So-net無料ブログ作成

初心者ベイベー [音楽]

最近のお気に入りは、レボレボに変わってミッチーです。

 レボレボはね、ある発言を聞いて以来、以前のような熱心さをなくしてしまったの<余談

及川光博オフィシャルHP 「バラ色帝国」
 >http://www.oikawa-mitsuhiro.com/free/index.html

「生ミッチーはお早めに」

ミッチーがライブでもよく言っていたらしい。

先月、福岡でのミッチーライブに出かけてきました。

席は残念ながら3階の方だったけど、でも会場全体が見渡せたし、ファンの皆さんがほんとに

すごくて圧倒されたし、3階の最後列まで気を配ってくれるミッチーに感動したりと、楽しい時間でした。

ミッチーファンの皆さんって、とってもマナーがよくて感心しちゃいます。

ミッチー自身が皆さんを指導しているのもあるみたいなんですが、そこをきちんと守れるのは

やっぱりファンの方々の良識だと思います。

以前から気になっていたミッチー。

咲彩さんに予習用でCDやDVDを拝借してみたものの、ドラマや歌番組で見るミッチー、が楽しくて、

「もしかして私は、タレントとしてのミッチーの方が好きなのかも・・・」なんて思ったりしました。

いやいやいや。生ミッチーはスゴイ。

「生ミッチーはお早めに」 は、嘘じゃない。

というわけで、最近の私の家事&ネット中BGMは最新アルバム「FANKASIA」 もちろん限定版。

ミッチーは女性を「ベイベー」 男性を「男子」 <決してダンスィではない  と呼んでいまして、

新しくファンになった女性を「初心者ベイベー」

結婚と同時にミッチーは卒業したけど、ダメ!やっぱりミッチーを忘れられないっ!という女性を

「出戻りベイベー」と呼んでいました。

わたくし、40歳代にして、晴れて「初心者ベイベー」の仲間入りです。

あぁ、そうさ  「ホテリアー」見るともさっ!

昔のドラマもレンタルでチェックしなおしますわ、おほほ。

「Let's 自己解放~~!!」

「オッケーでぇ~す!」  <最近の口癖


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート再放送 [音楽]

チャンネルを切り替えたら、ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサートの再放送が
流れていた。
*最近、このパターンばっかり・・・事前チェック悪すぎ(^ ^;

クラッシックのことはわからない。なんせ楽譜だってよめない。
楽器だって、幼稚園のカスタネットから始まって、リコーダーで終わったし。

でも、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートは別。
クラッシック好きの父が、お正月に必ず観ていて、このときだけは家族全員が
同じ音楽に耳を傾け、本当に音を楽しみ、演奏を楽しんでいたと思う。

指揮者の眉の動き・目線・表情の変化 小さな動きを読み取る楽団員。
指揮者も楽団員も、演奏にあわせて小道具を駆使したり、役者になったりする。
観客も毎年のお約束とわかっていながら、それを楽しむ。
ヨハン・シュトラウス父子のワルツ・ポルカ どれも心地よく響いてワクワクさせてくれる。

本演奏の最後は「美しく青きドナウ」
演奏が始まると、会場から拍手が起こり一時中断。
指揮者が新年のメッセージを述べ、楽団員全員で「新年おめでとうございます」と
一斉に挨拶する。
拍手がやむと、演奏が始まる。
湧き水から大きな河へ、ドナウ河がゆったりと海へ向かう。

アンコールは「ラデツキー行進曲」
観客が曲に合わせて拍手をする、その時は指揮者は拍手の指揮をしている。
会場が一体となって演奏を楽しみ、スタンディングオベーション。

今年は聴いてなかったなぁと今頃思い出す。
今年も残りあと4ヶ月、気合入れなおして頑張ろう!

~余談~
漫画の「のだめカンタービレ」好きなんだけど、実写化は色々納得いかなそう。
キャラクターのイメージを壊されるのはもう仕方ないけど、せめて音楽をぶち壊すのは
やめてくれ~、と祈るのみ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感